保険に入るのも中々大変です

保険に入るのも中々大変です

26歳の頃結婚して保険に入る事にしてのですが。

当時は仕事が忙しくて一月40日程働いていました。最近は残業時間については大変うるさく成って来ていますが、当時は全くと言っていい程残業に対して無関心でした。妻と相談して保険に入る事を決めたのですが、中々時間が取れずにいました。日曜日に保険屋さんに来てもらって問診だけでも受けて見てはどうだろうかとも思いましたが、当時は休みとなれば何もせず寝て居たかったので入る事が出来ませんでした。月日が経ち、夜、喫茶店で保険屋さんと合う事になりそこで問診をすれば保険に入れると言う話だったので、会う事にしました。色々と健康状態を30分程聞かれてまだ若いので大丈夫でしょうとの事でその日は終わりました。

後日、ちょっとした検査を指定の病院で行う様に言われ行ったところ。この検査には曜日の指定が在ったので、いったんは辞めようかと思いましたが、まあ、これを機会に保険に入ってもいいかなどと簡単な気持ちで居たのですが、検査をして結果を待っていると余り良い返事が返って来ませんでした。何でも尿検査で潜血が出たのでもう一度日を改めて検査をしなければ保険には入れないと言われました。ただまだ若いので多分疲労から潜血が出ているのではないかと言われました。一週間後に又検査を受けに行ったのですが結果は同じでした。この時は若いので大丈夫でしょうとの事で黙認して貰い保険に入る事が出来ました。これより何十年と掛け金をかけ続け50歳の頃保険の書き換えが在ると連絡が在りました。

この書き換えにも診断が在るとの事なのですが、大変でした。50歳を過ぎてあちこちガタが来ているのでとても更新出来るとは思いませんでした。今回は保険屋さんの医師が自宅まで来て検査をするとの事だったのですが、日曜日に来てまず問診をして次に血圧を測ったのですが160を超えてしまい、この日は保留で又後日仕事が落ち着いたら血圧を測るとの事で帰って行きました。次の検診までアルコール類を止めて血圧の対処をした処ギリギリで何とか血圧はクリアしのですが尿検査で又潜血反応が出てしまいました。これには先生が又来るのも大変なのでまあ、いいでしょうと黙認して帰りました。是より8年後に体調を壊して生まれて初めて入院する事になり、この時辞めないで保険に入っていて良かったと思いました。

病気をした時の事を考えると月々の支払は大変ですが保険は入っていた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です