保険に入るのも中々大変です

保険に入るのも中々大変です

26歳の頃結婚して保険に入る事にしてのですが。

当時は仕事が忙しくて一月40日程働いていました。最近は残業時間については大変うるさく成って来ていますが、当時は全くと言っていい程残業に対して無関心でした。妻と相談して保険に入る事を決めたのですが、中々時間が取れずにいました。日曜日に保険屋さんに来てもらって問診だけでも受けて見てはどうだろうかとも思いましたが、当時は休みとなれば何もせず寝て居たかったので入る事が出来ませんでした。月日が経ち、夜、喫茶店で保険屋さんと合う事になりそこで問診をすれば保険に入れると言う話だったので、会う事にしました。色々と健康状態を30分程聞かれてまだ若いので大丈夫でしょうとの事でその日は終わりました。

後日、ちょっとした検査を指定の病院で行う様に言われ行ったところ。この検査には曜日の指定が在ったので、いったんは辞めようかと思いましたが、まあ、これを機会に保険に入ってもいいかなどと簡単な気持ちで居たのですが、検査をして結果を待っていると余り良い返事が返って来ませんでした。何でも尿検査で潜血が出たのでもう一度日を改めて検査をしなければ保険には入れないと言われました。ただまだ若いので多分疲労から潜血が出ているのではないかと言われました。一週間後に又検査を受けに行ったのですが結果は同じでした。この時は若いので大丈夫でしょうとの事で黙認して貰い保険に入る事が出来ました。これより何十年と掛け金をかけ続け50歳の頃保険の書き換えが在ると連絡が在りました。

この書き換えにも診断が在るとの事なのですが、大変でした。50歳を過ぎてあちこちガタが来ているのでとても更新出来るとは思いませんでした。今回は保険屋さんの医師が自宅まで来て検査をするとの事だったのですが、日曜日に来てまず問診をして次に血圧を測ったのですが160を超えてしまい、この日は保留で又後日仕事が落ち着いたら血圧を測るとの事で帰って行きました。次の検診までアルコール類を止めて血圧の対処をした処ギリギリで何とか血圧はクリアしのですが尿検査で又潜血反応が出てしまいました。これには先生が又来るのも大変なのでまあ、いいでしょうと黙認して帰りました。是より8年後に体調を壊して生まれて初めて入院する事になり、この時辞めないで保険に入っていて良かったと思いました。

病気をした時の事を考えると月々の支払は大変ですが保険は入っていた方が良いと思います。

生命保険を活用した子どものための貯蓄方法

生命保険を活用した子どものための貯蓄方法

子どもが二人いる30代の主婦です。

元々は主人だけが入っていた生命保険ですが、5年ほど前から私も加入しました。
きっかけは第2子の誕生でした。一人目の子どものときに学資保険に入ろうかと検討したのですが、主人が自分で貯金をした方が安心だと主張したため見送りになっていました。しかし二人目となるとやはり将来に不安が出てきて、主人の保険の担当さんに相談しました。
そこで紹介されたのが積立式の保険商品です。基本的には生命保険と同じで、65歳までの払い込みなのですが、貯蓄に使われる人が非常に多いというお話でした。
ポイントとしては払い戻し金がマイナスにならないボーダーラインが契約して7年目以降であること。そうしてその後は運用によって増える算段なので、第二子が大学生になる18年後には纏まったお金が返ってくる見込みであるということです。さらに契約の途中でもその必要に応じて一部を取り崩しをすることができるため、いざという時の備えにもなります。
我が家の計画としては一人目の子は通常の貯金でどうにか乗り切り。二人目の時にこの保険を使うつもりです。月々の支払いは割と高額になっていて負担ではありますが、半ば強制的に貯金をしていると考えると我慢できます。この商品自体が運用を重視しているので時間がたつにつれて増えていくというのも魅力です。時々ウェブで運用レポートを確認してい増えていることがわかると安心できます。
もちろん通常の生命保険としての機能もついていますので、私にもしものことがあった時は子どもたちにお金を残してあげることもできます。
この保険に加入するまでは専業主婦である私には保険はあまり関係ないと思っていましたが、担当さんの説明を聞き、子どもの将来のためと考えると必要だと感じさせられました。これを機に医療保険に加入して万が一の備えはしっかりとしています。
我が家の考えとしてはまだ30代前半ということもあり、掛け捨てになる医療保険は最低限の保障でなるべく安めのものにしました。その代わりに貯蓄になる生命保険は高めにしています。ネットの保険会社さんの方が安いという話はよく聞きましたが、担当さんがついてくれて相談しながらプランを考えられる方が個人的には安心できます。
また、今後加入を考えていらっしゃる人がいるのであれば、若いうちに入られた方が良いです。主人は社会人になってすぐに加入したため、金額の割には保障内容も充実したプランがすんなり通ったそうです。さらにもう10年近く払っているので積立額もそれなりになっています。
なかなか貯金の難しいご時世なので保険をうまく使った貯蓄をおすすめします。