保険嫌いの私が、保険大好きに変わった話し!

保険嫌いの私が、保険大好きに変わった話し!

私が初めて保険に入ったのは、まだ若くて営業をしていた頃、取引先の方が保険の営業とエステを両方やられている方だったので自分としてはお付き合いのつもりで加入しました。当時は何も分からなかったので、はいはい言って入ったのですが、今見てみると、どんどん保険料が高くなる定期タイプの保険で、80歳までと区切りがある保険でした。今思えば、80歳から病気になりやすいのにちょっともったいなかったかもと思ってしまいます。

その保険を見直すきっかけは、会社であたらしく保険の相談をする窓口が出来たことでした。

勉強のために保険証券を持ってきてほしいと言われ、持っていったところ、今までの保険が今の自分の望む部分を完璧に補っていないのではないかと思い当たりました。その上、該当しそうもない介護がとても重くなった時に出る保証にかなりのお金を払っていることも明らかになりました。その時はもうすでに持病ができ、自分がいいと思った保険に入ることは出来なかったのですが、一生涯を保証してくれる保険の方が安心だと思い、少し高かったのですが、終身の持病があっても入れる医療保険に加入しました。死亡保障は終身のものは入れなかったので、今までの保険の死亡終身部分を残すことにしました。持病が出る前に見直しておけば金銭的にも助かったのにと後悔しましたが、そこで入らなければ終身の死亡保険な一切入れなかったので良かったのかなと思っています。

その時の説明では、死亡保障の終身保険は貯蓄の効果もあって、割合がかなり良かったので確かに、寝かしておくだけのお金なら、増えた方がいいなぁと羨ましく思いました。終身の保険に入れなかったのが悔しくて、使い勝手は悪いのですが、その時に年金保険に加入しました。勝手に口座から引かれていくので、日々の生活費と老後の資金を分けて自然に貯蓄する事が出来て助かっています。
何を隠そう、恥ずかしながら私は相談をする時まで、老後の心配をしませんでした。漠然と国の年金でやっていけるかなと思っていただけでしたが、今、年金がいくら貰えるか分からないほど不安定ですよね。少しでも早めに老後の自分の生活について気がつけてよかったと、本当に保険の事を知れて良かったと感謝しています。
その時から、保険の勉強もしているので、若干保険マニアになりつつありますが、将来のことを考えると、保険についての知識は学校だ教えてもいいぐらい重要なものだと思いました。

保険に入っていないときほど、保険が必要になる

保険に入っていないときほど、保険が必要になる

“保険というものは「保険」なので、もしもの時に役立つことが重要です。たとえば急に病気で入院して入院費がかかったり、その後の療養期間中の生活費の心配もあります。
私の場合、会社員の時代はとても元気でしたし、医療保険や生命保険など会社経由で安く入れる掛け捨て保険もあり、かつ、給与天引きとsいう気軽さから一応保険には加入していましたが、退職と同時にすべての保険もやめてしまいました。
その後、転職し正社員として働きましたが、前職より小さい規模だったことや収入面の事情、今の自分が病気で入院することなどないという自信から、保険には入らずにいたのですがそういう時ほど保険って必要になるものなのです。
新しい会社に入り半年もたった頃、手の指が腫れ動かすのも痛い、そのうちに朝起きたときに「あ、ヤバイ、腕とれた」と思うほどの激痛に襲われました。あわてて病院にいき検査をしてもらったところリウマチもしくは膠原病といわれ、たまたまその日、病院にいた専門の医師の診察受けることになったのです。
血液検査のデータを見た医師がいったのは確定診断はできないが膠原病の中の「混合性結合組織病」という病名でした。難病指定されていて治す方法はなく、基本は対処療法。とりあえずは痛み止めで様子を見ましょうということになったのですが、この時点で告げられた病名に対する知識は皆無。ただ、私としては痛くなければそれでいいということしか思いませんでしたし、その病気の怖さもまったく認識できていません。
それからさらに半年を過ぎた頃、朝方、目が覚めたときに「なんて寒い朝なんだ」と思いながら震えていたのですが、もしかして・・・と思い熱をはかったところ39度を超えていました。経験上、あまりない体温でもありましたし、風邪かはじめてのインフルエンザかな、と消炎鎮痛剤を飲んでみたところ熱が下がったので会社は休みましたが病院にいくこともせず、寝ていれば治ると勝手に診断し、その日一日寝ていたわけです。
でも、薬の効き目が切れる頃にはまた悪寒が走り、翌日の深夜にはついに40度を超える発熱、それまで見たことがなかったので「体温計の40度ってホントにあるんだ」と真夜中に大笑いしましたが、それだけの熱が出れば食欲はなくなり、熱が下がれば絞れるほどの汗もかく。脱水症状を起こさないよう水分だけをとっていました。とはいえ、さすがにこれはマズイと主治医の先生に診てもらったところ、即入院。その頃には逆らう気力もなく、言われるがままに入院し、結局、3週間の入院と1ヶ月の療養をする羽目になったのです。
その頃、保険には入っていませんでしたから入院費のほか、1ヶ月働けないことを自腹で何とかしなければなりませんでした。何とか乗り切ったものの、その後、どれだけ後悔したか分かりません。持病がある以上、加入できる保険の幅は極端に狭くなりますし、高額にもなります。
今は、結構な額の掛け捨て保険に加入していますが、病気って「保険に入ってないときほど必要になる」というのは私の経験からの教訓です。

ソニー変額個人年金保険への加入エピソードについて

ソニー変額個人年金保険への加入エピソードについて

38歳男性で、配偶者と子供二人と生活しています。変額個人年金に加入したきっかけは、子供の学資保険を検討したことがきっかけです。
一番上野子供の出産に伴い、当時の保険内容を全て見直そうと知り合いのファイナンシャルプランナーに相談しました。もちろん、学資保険をかけるつもり満々で相談したのでですが、ファイナンシャルプランナーから返ってきたのは「学資保険への加入はおすすめしない」との以外な回答でした。
学資保険を進めない理由としては、積み立てを行った額と保険が満期になり将来戻ってくるであろう金額が必ずしも加入時の利率ではない可能性があること。毎月積み立てする金額から保険料を支払い、なおかつ積み立ても行うことからコストパフォーマンスが悪い保険内容になっている商品が多いことなどの説明を受けました。

その変わりに提案されたのが、変額個人年金保険でした。変額個人年金とは毎月または一括で保険料を支払い数年~10数年積み立てていく保険でした。積み立てることまではこれまで検討していた学資保険とは何ら変わりのないものでしたが、一番大きく変わる部分は保険を通じ様々な資産に保険料を分散して運用しその利益が将来の受け取り額になるというものでした。投資信託と同じように、保険会社を通じ日本株、米国株、ヨーロッパ株や新興国株、日本債券、世界債券などに投資し、保険料を運用して増やすというものです。この商品の優れたところは、投資時期と地域、投資割合などを分散することで、株価の急落や世界情勢の変化があった場合にも資産の急激な減少を抑えながら積み立てを行えるということでした。また、投資割合も保険会社のサイト上から操作することができ、いつでも保険料の組み入れ比率を変更することができます。
つまり、安全に保険料を積み立てたい人やリスクを冒してでも積極的に積み立てしたい人など、個人の考え方に応じたオンリーワンの変額個人年金を作ることができるのです。
私も提案を受けた当初は全くといっていいほど商品の内容を理解できませんでしたが、悩んだ末に決断し何年か積み立てていくうちに素晴らしい商品であることを実感してきています。更に素晴らしい点は、現在世界的に景気が良く投資熱が高まっていますが、投資信託や株式投資で得た利益には20%の税金が発生しますが、この商品で得た利益は保険収入とみなされるため課税されることなく全額受け取ることができるのです。それに加え、支払った保険料は年末調整や確定申告の対象になります。
非常に有意義な商品だと思います。

毎月利益を確認することもでき、楽しみならが積み立てと運用を行える商品です。

ほけんの窓口にて相談に乗ってくれた信頼おけるスタッフの方

ほけんの窓口にて相談に乗ってくれた信頼おけるスタッフの方

両親が、私が結婚して家を出ていくまでと決めて払い込みをしていた生命保険を、名字が変わる前に解約して現金にして私に手渡してくれました。

これを元に、新しい名字での生命保険に加入をし、主人との生計についてよく話し合うことを勧められました。結納や結婚式のことで頭がいっぱいだった私に、保険のことまで気が回らないことは分かっていたので、手っ取り早くテレビのCMで見たほけんの窓口に行ってみることにしました。勿論始めての私は、順番待ちしながら待合い席で沢山並べられた資料を見ていました。

一つの会社から何種類もの保険が提案されており、驚きました。私は母に任せっきりだったので、どのような保険に加入したらよいのか検討が着かないことを、スタッフの方に正直に申し上げました。スタッフの方は、パソコンに私の情報を入力していきました。

生年月日や家族構成、主人の収入など細かな数字をあげてから、保険とは何かを説明してくれました。押し売りのようになるのかとなと半ば覚悟して話を聞いていたのですが、その方は50代後半の男性で家庭持ちの頼れる上司と言った雰囲気だったのですが、自らの経験も織り混ぜながら、保険はあくまでも保険なので、実生活の妨げになるような保険は保険にならないと保険の定義を教えてくれました。

勿論、入院や手術に高額な医療費が掛かったり、突然の事故など対応しなければならないことは、いずれにせよ急にやってくるそうで、備えあればと言うように、備えがあって困ることはありません。ただ、高額の保険に加入することで、日々の生活を圧迫しては元も子もないということなのです。

私は実家を出て主人との生活において、将来の不安が多々ありました。ですから多くの保険に加入して万全の対策をしておけば安心だと思い込んでいました。ですがお話を聞いていくうちに、一度の加入で生涯の保険を貫き通さなくても、解約して保証の充実した保険に切り替えれば、年齢を重ねていくうちに起こりうる得る病気、多い所では十大疾病にも対応してくれる保険が今は普通に存在するそうです。

私と主人、そして産まれてくる子供たちが無理なく暮らしていけるようにと、まずは二つの保険に加入することを決めました。収入に応じた保険料に、充実した保証は、勧められた保険の中では一番気に入りました。

私のように、保険のことを全く分からない方には、ほけんの窓口にてまずは相談してみることをお勧めします。

私の契約している終身変動型の生命保険について

私の契約している終身変動型の生命保険について

私は現在43歳の男性です。

私は30歳の時に生命保険会社に勤める兄貴から提案されて生命保険に加入しました。

私が加入しているのは「利回り変動型終身保険」を主契約として、災害死亡給付特約、無解約返戻金型ガン入院特約、疾病障害による保険料払込免除特約、リビング・ニーズ特約が付随している契約です。

まず利回り変動型終身保険の保証期間は終身、つまり死ぬまでで払込期間は65歳まで、保険金額は500万円で、月々の保険料金は9850円です。

災害死亡給付特約で、病気などによる死亡の場合は500万円、不慮の事故による死亡の場合は1000万円が支払われます。

この災害死亡給付特約の保険料は月々250円になっています。

無解約返戻金型がん入院特約の保証期間は終身、つまり死ぬまでで保険料の払込期間は65歳までであり、がん治療目的のための入院や手術が必要になった場合は1日当たり15000円が給付されるというものです。

この無解約返戻金型がん入院特約の月々の保険料は1155円です。

そして疾病障害による保険料払込免除特約は文字通り病気や障害で働けなくなった場合には保険料が免除される仕組みであり、月々の保険料は112円です。

リビング・ニーズ特約はいわゆる生前給付であり、がんなどで余命数か月と診断されたときに保険金額のいくらかが支払われるものであり、月々の保険料はありません。

私はこの9850円+250円+1155円+112円=11367円という保険料金を毎月納めています。

今までのところ私は幸いにも健康状態良好であり、特にこの生命保険のお世話になることはありません。

まず私の契約している保険で一番いい点は終身保険であることです。

生命保険には終身保険と定期保険がありますが、定期保険の場合は保証期間がある一定の期間に限られ、その期間が終わって生存していればお金は全く返ってきません。

それに対して終身保険は文字通り死ぬまでの保証でありますので遺族は必ず死亡保険金を受け取れ、解約返戻金もあります。

その代わり定期保険の方が終身保険よりも保険料が安くて期間も選べて、保険の見直しが聞くというメリットがあります。

定期保険はいわゆる掛け捨て型というやつですね。

現在私の契約している利回り変動型終身保険65歳払込済については例えば金利が1.5%であれば解約返戻金が132万円、2.5%なら141万円、3.5%なら151万円が戻ってくるようになっています。

無駄になるお金もないですし、その時の金利にはよりますが戻ってくるお金もあるので備えていて良かったなと思います。